ミノキシジル 育毛効果 副作用

ミノキシジルの効果と知らないと恐い副作用について

育毛剤に配合されているミノキシジル。
育毛剤として有名なプロペシアやリアップなどにも配合されている成分だ。

 

この名前を聞くと「育毛・発毛」と関連付ける人が多いが、実はもともとは高血圧の薬(血管拡張剤)として開発されたもの。血管を拡張させることにより血流が良くなるため、髪に栄養素が届きやすいとして育毛剤などへの応用もされるようになった。

 

意外と恐い4つの副作用

低血圧

もともと高血圧の患者用に開発されたため、普通の人が使用すると低血圧につながるケースも。ごく稀だが、ノキシジルが原因で死亡した例も挙げられている。

 

肌荒れ

頭皮の毛穴にミノキシジルが残ると、皮脂が過剰に分泌され蓄積し頭皮に激しい痒みや炎症が発症する場合も。とくに高い濃度のミノキシジルを配合した育毛剤などは注意が必要。

 

体毛が濃くなる

とくに飲み薬タイプのミノキシジルは、髪の毛のために飲んでいるつもりでも体の他の部位に効果が現れることも。例えば頭は薄くて髭が濃い人が飲み続けると、頭は変化なく髭だけが余計に濃くなってしまうケースもある。

 

乳児への影響

妊娠中または授乳中の女性がミノキシジルを摂取すると、上記で解説したような影響が乳児にも現れる可能性がある。ほとんどは医薬品のため注意書きをよく読めば書いてあることだが、意外と確認を怠って知らずに使っている女性も多い。

 

ルプルプ実際に使ってみたレビュー

ミノキシジルに変わる注目の新成分とは?

最近ではミノキシジルの約3倍の育毛効果を持つと言われるキャピキシルがメインストリームとなっている。キャピキシルはミノキシジルとは違い、上記のような副作用が一切ないのも特徴だ。


TOP ブブカと比較 チャップアップと比較 ポリピュアEXと比較